仕事紹介 | 小田急線・京王線の賃貸のことなら株式会社スペース・プラン

仕事紹介 | 小田急線・京王線の賃貸のことなら株式会社スペース・プラン

旅行カウンターセールスの仕事について

旅のプロフェッショナルになれる仕事。それが旅行カウンターセールス職。

旅行カウンターセールス職は、「ご来店されたお客様の旅へのあらゆるご要望にお応えする」仕事です。
当社の旅行事業部は、JTB総合提携店として6店舗出店しており、その店頭にて国内旅行・海外旅行・会社の研修旅行やサークルの合宿手配を行います。加えて、自社で実施している日帰りバスツアーの企画・添乗と、業務は多岐に渡ります。当社のカウンターセールス最大の特徴は「お客様担当制」という接客スタイルにあると思います。他社、特に大手旅行会社では国内・海外や方面ごとに担当者が分かれていることが多いですが、当社はカウンターでお客様をお迎えしたスタッフが、旅行先がどちらであっても、最初のご要望伺いから最後のチケット・工程表のお渡しまで責任を持って担当します。業務範囲が広いということは、それだけ知識が求められるので大変だと思うこともありますが、やりがいの方が大きいです。
最も印象に残っているお客様は入社2年目、ハワイウェディングを担当させていただいたお客様です。ハワイの手配は何度も行っていましたが、ウェディングは初めてでした。ブーケの色や形、参列者のホテルや送迎など決めなければいけないことばかりで、手探りで作業を進めていた記憶があります。一生に一度のウェディングをお任せいただいたのだから失敗するわけにはいかない、とプレッシャーもありました。
そんな私を見ていた先輩からの、「あなたが不安がっていてはお客様はもっと不安になってしまうかもしれないよ」という一言で意識が変わりました。関係資料を集めたり、何度もウェディング会社に問合せたり、先輩からアドバイスを貰ったり、自分が出来ることはとにかくやりました。プラン内容も自分なりに綿密に調べていくうちに「こちらの方が良いのでは?」と具体的な提案が出来るまでになり、自信を持ってお見送りが出来ました。帰国後に「ハワイ挙式最高でした。本当にありがとうございました。」とお礼の言葉を下さり、時間をかけた分その時の達成感は今でも忘れられません。このお客様は今でも家族旅行の手配をさせていただいています。
お客様から直接「ありがとう」の声が聞けるのはカウンターで働く特権だと思っています。入社間もない頃はミスをしてお叱りを受けたこともありましたが、「お客様が私の為に叱って下さった」とポジティブに捉えるようにしています。様々な旅行手配をして経験を積むことで、これからも成長していきたいです。

旅行手配だけではない奥深さ

私たちの仕事はお客様からのご旅行相談にお応えしている、いわゆる「カウンター業務」のイメージが強いと思います。
もちろん、最も多くの時間を費やしているのは間違いないのですが、お客様にご来店いただいた際、気持ちよくご旅行相談をしていただけるよう、裏方の仕事も大切にしています。
重要な裏方の仕事の一つ目は、「パンフレット整理」です。一見地味に思われがちなこの作業ですがパンフレットは私たち旅行カウンターセールス職にとって、無くてはならない“商売道具”です。季節ごとにアピールしたい地方や観光地が異なります。お勧めしたい商品が常にお客様の目につく所に並んでいる状態が理想なので、日々パンフレットが欠品していないか、ボロボロになっていないかチェックを欠かすことはありません。
パンフレットの裏には取扱店舗のスタンプを押しているのですが、当店でお持ち帰り頂いたパンフレットを持って後日ご来店いただくととても嬉しいです。
また、旅に出掛けたくなるような「店舗装飾」をするのも、私たちの重要な役割です。季節感を大切に、例えば、紅葉狩りにちなんだパンフレットを陳列する際は、落ち葉をモチーフにしたPOPでアピールしたり、海外挙式をご検討の方に向けて、店内にウェディングドレスを飾ったりしています。
そして三つ目は業務とは言わないかもしれませんが、とにかくいろいろな所に「自ら赴く」ことです。インターネットや雑誌を利用して観光知識を吸収することは出来ますが、やはり実際に行ってみることでより沢山の情報を得られます。在来線から新幹線への乗り換えが意外と難しかったり、一見近そうな場所にに位置している観光スポットが、実は交通手段が無いために時間がかかってしまったりと、日々勉強だなと感じます。
当社はJTB総合提携店ですので、スタッフはJTBの主催する研修に各種参加します。家族旅行で定番のエリアや、新たに新幹線が開通したエリア等は研修旅行が数多く実施されます。積極的に参加を申し込むようにして、研修で学んだことをダイレクトにお客様にご案内できたらよいと考えています。まだまだ行ったことの無い所が多いので、これからもっと自主的にプライベートでも色々な所に足を運んで、お客様の信頼を得られるカウンタースタッフになりたいです。

1日のスケジュールについて

9:30 出勤~開店準備

しっかり朝ごはんを食べてから出勤。
当社スタッフは、JTB首都圏と同じ制服を着用しており、
出勤したらまずは制服に着替えて身支度を整えます。
お客様を気持ちよくお迎え出来るよう、スタッフと協力しながら店舗の掃除を入念に行います。
開店前の10分で朝礼を行い、前日の申し送りや確認事項を共有します。
10時00分、営業スタートです!!

11:00 カウンター接客

一日のスタートは、お客様リスト(自分の担当しているお客様のスケジュール管理表)のチェックから。今日やらなければならないことを確認し、優先順位の高いものから作業を進めていくようにしています。
お客様がご来店されたら笑顔でお迎えし、旅の要望を一からヒアリング。忙しそうなビジネスマンの方にはテキパキと、ご旅行相談でお越しの方にはじっくりとお話をお伺いするよう、お客様に合わせた対応を心がけています。

14:00 ランチ

普段はお弁当を持参することが多いですが、時には店舗近くのカフェでランチをしています。
同じ店舗で働く不動産営業部の同期と出かけることも。
駅前のカフェでおススメのナポリタンを食べてリフレッシュ!

16:00 店内整理・セットアップ

店舗にチケット類が届いたら、セットアップの作業をします。セットアップとは、お客様ごとにチケット・旅程表・観光エリアの地図や宿泊先のパンフレット等を一纏めにして袋や封筒に入れ、漏れなくお渡しができるよう準備する作業のことです。ご旅行で楽しい思い出が一つでも多く作れるよう、プラスαの情報もお付けするようにしています。
また、パンフレットの補充作業も行います。人気方面のパンフレットはすぐに無くなってしまうので、こまめに確認をして補充・発注をしています。

18:30 接客・振返り

再び接客。
先輩と今日の手配内容について振返り。
予約がいっぱいでご希望プランでの手配が出来なかったお客様へは、ご希望に近い代案をご紹介するのですが、満足のいくプランをご提案出来なかった時は、先輩にアドバイスを貰っています。
気軽に相談できる経験豊富な先輩が近くにいてくれることは、本当に心強いですし、良い刺激となっています。

19:30 退勤

当日お申込みのお客様のカルテ整理、明日の開店に向けた準備等の閉店作業をして退勤。
週に1度、仕事が終わってから都内のフラダンス教室に通っています。
フラを通して社外の様々な年代や背景の方と接点を持つことで、とても視野が広がりました。
旅行も趣味の一つですが、仕事を忘れ没頭して(!?)楽しめる趣味があるからこそ、仕事とプライベートの良いバランスが取れているように思います。
  • 不動産総合職のエントリーはこちら
  • 旅行カウンターセールス職のエントリーはこちら
小田急線・京王線の不動産・飲食・旅行はスペース・プラン
Copyright(c) Spaceplan Co.,Ltd. All rights reserved