旅行カウンター職 小俣裕也 | 小田急線・京王線の賃貸のことなら株式会社スペース・プラン

旅行カウンター職 小俣裕也 | 小田急線・京王線の賃貸のことなら株式会社スペース・プラン

>>中途社員の声一覧に戻る

旅行カウンター職 小俣 裕也

  • ご来店されたお客様は、すべて自分が対応するつもりでお待ちしています
  • 旅行カウンター職 小俣 裕也 Yuya Omata 旅行カウンター職/2015年入社

専門学校卒業後、一番初めに就職した会社は、鉄道系の旅行会社でした。2011年の震災を機に人々のライフラインに関係する仕事に興味を持ち転職をし、一度は、旅行業界を離れました。とはいっても趣味が旅行でしたので、時間を見つけては各地へ足を運んでいました。旅行の仕事から離れてはいても、観光地へ訪れると旅行商品の「売り手側目線」で旅行を楽しむが自分がいて、やはり自分が心から楽しみながら取り組める仕事は「旅行の仕事」なんだ、と意識するようになりました。そこからまた転職活動をし、ご縁あって当社に入社して旅行カウンター販売の仕事に復帰することができました。
お客様ご自身ではどう頑張っても手配できなかったお宿・列車・航空券などを、様々なアプローチを試し店頭で手配できた時は、お客様の喜ぶお顔を見て達成感を感じます。CSアンケート等でお客様が、自分の小さな努力を正当に評価してくださると、さらに自分の知識を増やしていこうとモチベーションが高まります。

「また、小俣さんにお願いするわね」と言ってくださるお客様を増やしていきたい

前職の旅行会社は、乗降数の多いターミナル駅内に店舗がありましたので、業務にはとにかくスピードと正確さが求められました。また、乗車チケットやそれに紐づく国内旅行の手配が主だったので、経験できる業務の幅は狭かったように思います。一方当社は、JTB総合提携店ということで、エース・ルックなどのJTB商品をはじめ、海外ウェディングや豪華クルージング、旅行会社各社の商品など幅広い商品ラインナップでお客様をお待ちしています。また、お客様のご旅行内容に合わせ、接客時間も制限なく丁寧に対応していきます。ご要望に対し「それは出来かねます」とお断りすることが少ない、というのがカウンター業務をしていて一番強く感じた前職との相違点です。
自分のこれまでの経験や旅行知識をフル稼働し、お客様の期待以上のご旅行をプロデュースすることによって私のことを「お抱え旅のコンシェルジュ」としてかわいがってくだるお客様を、一人でも多く増やしていくのが現在の私の目標です。

エントリーフォーム
>>中途社員の声一覧に戻る
小田急線・京王線の不動産・飲食・旅行はスペース・プラン
Copyright(c) Spaceplan Co.,Ltd. All rights reserved